福島の桃源郷「花見山」

福島の桃源郷「花見山」

日本を代表する写真家・故秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と称え全国に紹介した福島市が誇る花の名所。
一帯は花木生産農家の集落で、ロウバイ、ウメ、サクラ、ハナモモ、レンギョウ、ボケが見渡す限りに広がります。

花の種類が多く、見ごろが長いのが特長です。花見山は個人の敷地となっており、戦中の貧しい時代から花木生産農家の方が長い年月をかけて雑木林を開墾し、花を植えたのが始まりです。

その美しさが人を呼び、「自然の花の美しさを一人で見るのはもったいない。この喜びを万人のものとしたい」との願いで、昭和34年に一般開放されました。

見頃 4月上旬~中旬
交通規制期間は3月28日~4月19日
時間 自由解放
早朝・深夜はご遠慮ください。交通規制時間帯 7:00~17:00
料金 無料
臨時駐車場からシャトルバス利用の方は環境整備協力金として1人500円
交通 JR福島駅より臨時バス「花見山号」で約15分
東北自動車道・福島西IC又は福島飯坂ICより約20分
関連HP 花見山特設サイト
お問合せ 福島市観光案内所
TEL:024-531-6428